エーワンフェイスブックページへ

STAFF BLOGスタッフブログ

紅葉の太宰府 竈門神社(かまどじんじゃ)へ

2019/11/29  Category: A-one, Diary, Private

11月23日(祝)お昼に「そうだ!紅葉を見に竈門神社へ行こう」と思い立ち出発。
最近よくテレビで取り上げられてるので名前は知っているが
行ったことがなくとりあえずナビ頼りで太宰府方面へ…ナビでは1時間後に到着予定。


混んではいたもののどうにか太宰府天満宮に着きいよいよ竈門神社方面へ!


信号を曲がった途端すでに渋滞!後1.9km抜け道もなく進むしかない。
歩いて登る多くの人たちから追い抜かれながらも竈門神社に3時間後に到着。
長時間費やした甲斐もあり紅葉がちょうど見頃で
「もみじ」や「カエデ」や「イチョウ」が色鮮やかに境内を彩っています。



ここは宝満山の登山口でもあり、縁結びの神様として親しまれてるらしく、
カップルや登山帰りの大勢の人たちで賑わっていました。



私も、縁結びに因んで「素敵な仕事の縁が結ばれますように!」とお参りしたのち
境内を歩いていると社務所や太宰府が一望できる展望舞台などにおしゃれ感が漂っています。
特にお札やお守りのガラス張りの授与所は一瞬上品な土産店のようにしか見えません。



所内中央には「かまど」をイメージしたという円卓、
壁には短冊状のピンクの大理石、天井には桜のモチーフが施されている心地よい空間です。
後で知ったのですが、この授与所の設計は世界的なインテリアデザイナー片山正通氏で
コンセプトは「100年後のスタンダード」らしく7年経ったいまも全く色あせていません。
社務所は神社建築の専門家種村強氏、展望舞台の石製の回るスツールと二人掛けベンチは
世界的なプロダクトデザイナーのジャスパー・モリソン氏らしいです。
なんとなく新しい神社のあり方に触れたような気分になれました。



午後4時も過ぎ、少しは渋滞も緩和してるだろうと帰路へ・・・ところがこれまた大渋滞!
途中から全く動かず(事故があってたらしい)家に着いたのは午後8時
行き3時間、帰り4時間(通常1時間) 近くて遠〜い紅葉見物でした。


(T.K)

«

ページ上部へ戻る